理解がある大人になること

他人って適当なんだよ、とおもう派の自分は「やりたい仕事を探すのはいいけれど好きなことは仕事にしちゃだめ」といいつづけて子供を育てていて。

今年、長女が18歳。本気で「生きていく」ことを本人が考えなきゃいけない時期にまいりました。で、冬休みの課題の中に進路のあれやこれやがあったらしくレポートに「親の意見」が記載する場所が。

「なにこれ?」とひとこと。「自分で考えてください」もういいでしょう。18歳です。自分は高卒で生きてきて自分でごはんを食べて生きていく方法を考えて考えてココまできたので。

どうして、18にもなる人間の将来を決められたりするでしょう?自分で決めて考えて。他人は勝手にいいますが。理解があるようにみえてそれはどうだろう?そこも疑ってかかってほしいのです。

はっきり言って他人が言っていることって本当にその人が思っていることかどうかわからないのです。その人の親に感化されてしまっていたり、どこかのドラマで影響を受けてそのまま引用してしまっていたり。

その人が本当に考えて発言してくれていることなのかどうかは見極めないとダメだと思うんです。とくに進路に関しては。だからといって助言を無視しろって言う訳ではありません。

もう大人なんだから自分で全て考えて行動してみて欲しいのです。